私がカラーセラピーを行う理由

この記事では、私、こうのあけみがカラーセラピーを行う理由と、カラーセラピーを始めた「根っこ」の部分をお話しますね。

気づいたら、いつも聞き役だった

私は、昔から人の話を聴くことが、ちょっぴり得意でした。

それは、私自身が引っ込み思案で、自分のことを話すのが苦手だったからかも…。

 

ただ、そんな性格が幸いして、「うんうん、そうなんだね~」と聞き役でいることが多かったです。

そして、いつの間にかプチ相談会。

 

私は、大した言葉は返せなかったけれど、話していた人はスッキリしていたよう…。

そんなことが、私の根っこにありました。

 

メンタルの不調を経験して

31歳の時に、私自身が抑うつ状態になりました。

その時に、人に話すことの大切さを身を持って知ったのです。

「病気になる前に、もっと気軽に人に相談できていたら、自分を追い込むことを避けられたかもしれない」と…。

 

私は、他人の相談に乗るのは得意なのに、相談することが苦手だったの。

そして、元気になったら、私の得意を活かして、「人の話を聴く人になれたらいいな~」と思いました。

 

抑うつ状態から寛解。「聞き役」になるべく学び始める

その後、私は抑うつ状態から寛解して、2016年(当時44歳)に、NLP(神経言語プログラミング)と言われる実践心理学を学ぶ機会を得ました。

その時の講師の先生が、カラーセラピーを教える先生でもあって、カラーセラピーの良さを教えてくださったのです。

残念ながら、その先生の講義ではなく、別の『TCカラーセラピー』に出合いました。

 

カラーセラピーにはいろんな流派があって、私が『TCカラーセラピー』に決めたのは、リーズナブルだったから。

しかも、最初の講座を受講するだけで、カラーボトルとマニュアルがついてきて、受講後にすぐにカラーセラピーを行えるという、至れり尽くせりなシステムだったのです。

もちろん、料金を頂戴してカラーセラピーを行うには、実践経験が必要ですけれど…。

 

私はカツカツの暮らしをしているので、たとえリーズナブルといえども講座受講料が工面できず、勉強するまでに時間がかかってしまいました。

ようやく、2019年(47歳)に、念願の『TCカラーセラピスト講座』を受講しましたよ。

 

カラーセラピーで「聞き役」の喜びを知った

最初は、なかなか練習のお相手が見つからずに、しばらくはセルフセラピーをしているだけ。

でもね、ご縁ができて、あるボランティア活動でカラーセラピーを提供する機会を得られました。

おかげさまで、いろんな人にカラーセラピーを体験していただけました。

 

体験してくださった方に、「わ~、すごいね~」と喜んでいただけたり、「色で自分のことを、こんなに知れるなんて、おもしろいね」なんていう言葉をいただいて、有頂天。

ただし、がっかりされたこともあります。

それは、私の腕が未熟だったから。

 

だから、もっとカラーセラピーのことを勉強したいという、向上心が芽生えていきました。

そのおかげで、途中で諦めませんでしたよ。

 

ゆっくり活動してきたけれど、2024年は加速するよ

私は、ゆっくりゆっくり亀の歩みでカラーセラピストとして活動してきました。

でもね、今年はちょっと加速します♫

 

今の気分は、ワクワクと不安とが入り混じっています。

「私、ちゃんとついていけるかな~?」ってね。

正直、怖いほうが強いかも…。

 

ただね、カラーセラピーをやめないのは、色のことを深く知れば知るほど、奥が深いことを実感し、セッションをすればするほど、喜びも増えるからです。

まぁ、責任も伴いますけれど…。

 

さて、今日は、私がカラーセラピーを行う理由を書きつつ、私の根っこにある想いも添えてみました。

長文にお付き合いくださり、ありがとうございます。

 

 

河野朱実

河野朱実

色と言葉で魔法をかけるカラーセラピスト / あなたの人生を変えるサポートをいたします。

関連記事

最近の記事
おすすめ記事
  1. 2024.03.10(日)マルシェに出店します 愛知県安城市

  2. 朝から読書。なんて贅沢な時間なの

  3. 心のモヤモヤって苦しいよね。どう解消していますか?

  1. カラーセラピーを体験くださった、お客様の声 【2021.12.18】

  2. カラーセラピーで自分のメンテナンス。今を楽しむよ!

  3. 2022.07.16 マルシェに出店してきました

アーカイブ

ブログ村に参加中

にほんブログ村 健康ブログ カラーセラピーへ
PAGE TOP