生きていることが、楽しいと思える人生にしたい

カラーセラピストあけみです。

実は私、パート勤務していた手芸店を退職しました。

そして、現在、就職活動をしています。

カラーセラピストとしての活動は、細々とですが続けていきますよ。

 

さて、今日は「生きていることが、楽しいと思える人生にしたい」というタイトルで、私のことを少しお話したいな~と思って書いています。

よろしければ、お付き合いくださいませ。

 

自分で言うのもなんですが、根が真面目なので懸命に仕事をするタイプです。

カラーセラピストとしても、未熟なのはさておき、目の前の方に真摯に向き合っていますよ。

それは、頑張らなきゃいけない場面だから。

 

きっと、あなたもお仕事を頑張っていらっしゃるのではないでしょうか?

仕事をしていなくても、家事や育児、介護などに向き合っていらっしゃる方もいることでしょう。

また、闘病中・・・という方もいるかもしれませんね。

 

人生、頑張ることも必要だけど、頑張りすぎるのは長続きしないと、私は思っています。

余力や遊びがあるからこそ、力を発揮できるのではないでしょうか?

 

私が、この度、好きだった手芸店の仕事を辞めたのは、体力的に厳しくなっていたからです。

シフトの日数を減らしてもらっていたけれど、他人より疲れやすいので私にはキツかった・・・。

仕事に入ると懸命に働いてドッと疲れ、休日はグッタリして夕方まで眠る始末。

他のスタッフは私以上に働いているのに、私だけがしんどいなんて言えない・・・と思っていました。

 

そのうち、生きているのがつらいと感じ、心がめげてしまいました。

私は、できれば、余力を持って仕事をし、人生を楽しむ生き方がしたい・・・と思っています。

 

そんなの、甘いよ!

そう、思われる方もいるかもしれませんね。

 

でも、私は余力がほしいし、人生が楽しいと感じて生きていたいのです。

 

今、私はパートの仕事を新しく探しています。

できれば、ちょっと余裕があるな・・・と感じるくらいが望ましいな。

もちろん、一所懸命に働きますよ。

それば、当然のことですからね。

 

仕事は、頑張るけれど余力があり、休日は休むだけでなく、ほんの少しでもいいから楽しむゆとりを作っていけたら、人生のバランスが取れそうな気がしています。

カラーセラピストとしての活動も、余力がないとできませんしね~。

 

生きていることが、楽しいと思える人生

私はもう一度、人生の仕切り直しをします。

あなたも、生きることを楽しんでくださいね。

 

では、また。

カラーセラピーで、心を整えるお手伝いをする人。あなたの笑顔が、私の喜びです。

関連記事