悩みは相談してみて。解決のいとぐちが見つかるから

ひとりで、悩みを抱えてはいませんか?

「悩み」と言っても、ざっくりしすぎですね。

暮らしのこと、人生のこと、職場や学校のこと、お金のこと、病気のこと、友人や恋人のこと・・・。

細かくしていけば、もっと沢山ありますよね。

 

程よく解消できていれば、問題はありません。

でも、悩みが深くなったり、複雑に絡み合ってしまうと、厄介です。

そんなときに、あなたはひとりで抱えていませんか?

 

実は、私自身が悩みをひとりで抱えてしまいがち。

「あのとき、ちゃんと他人に相談していればよかった・・・」なんていうことが、多々あります。

今は、自分の心を程よく整えるために、2ヶ月に一度、心理士さんのカウンセリングを受けていますよ。

自分の心が整っていないと、カラーセラピストとして他人の話が聴けないですからね。

 

そうそう、カラーセラピーのセッションでお話を聴いていると、「他人に相談できなくて・・・」という方がちらほらといます。

一人ひとり事情や背景が違うので、そこは掘り下げてお話を伺っていきますよ。

言葉にしにくいことを聴いて申し訳ない気持ちもありますが、そこを言葉にしていただくことで、ご自身の気持ちを客観的に捉えることができるからです。

 

「他人に相談していたら、ハッと気づいた」というようなことはありませんか?

気づくとスッキリするという体験を、カラーセラピーでは味わっていただけたらいいなと思っています。

そして、お相手の未来がより良くなるように、次の行動へつながるようお話を伺っていくのが、カラーセラピストとしての私の役割です。

 

なんだかこんな文章を書いていると、エラそうですね。

ごめんなさい。私は葛藤しながら生きています。

葛藤しながら生きているからこそ、寄り添える人でありたいなと思って、カラーセラピストの活動をしていますよ。

 

さて、どんな悩みかで、相談する相手が変わってきますよね。

病気のことは、お医者さん。

心のことなら、心理士さんなど。

法律が関わることなら、弁護士さんや行政書士さんなど。

それぞれの悩みに沿った、専門家さんに相談するのが近道です。

 

カラーセラピーは、色彩心理を用いた気づきのカウンセリングです。

目的は、あなた自身が成長することにありますよ。

  • 自分のことを客観的に知ることで、大切にしたいことに気づく
  • 思考と感情が絡まってモヤモヤしているのを解消することで、できることを模索する
  • これからの自分がより良くなるために、これからどうしたいのか?を考えるきっけにする

 

色のメッセージを通してご自身の思いを深めながら、心を軽くしたり、解決のいとぐちを探っていきますよ。

気づくとスッキリするという体験をして、次の行動につなげていってくださいね。

それが、成長につながるから。

 

大切なことを、もう一つ。

カラーセラピーは、精神的なご病気を抱えた方には行うことができません。

その場合は、精神科・心療内科の専門医、心理士さんなどの専門家にお問い合わせくださいね。

 

では、カラーセラピストあけみでした。

 

運営者情報

カラーセラピストあけみの個人セッションについて

お問い合わせ

 

カラーセラピーで、心を整えるお手伝いをする人。あなたの笑顔が、私の喜びです。

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。