自分の思いを言葉にできていますか?

話すって、とっても大切なことです。
言葉にすることで、自分の思いや考えを整理することができますからね。

でも、身近な人には、つい遠慮して本音が言えなかったり、「変なふうに思われたら嫌だな」と思って上辺だけのことを言ってしまったり、空気を読みすぎて言葉を飲み込んだり・・・。

気が優しく、相手を尊重しがちな人に、よくあることではないでしょうか?

そうなると、自分の本心が、どこにあるのか分からなくなってしまいます。

 

実は、私も経験済みです。
未だに、ありますね~。

 

さて、押し込めた感情や思考をそのままにしておくと、心の中で負の感情がぐるぐると巡ってしまい、モヤモヤがいつまでも残りませんか?

そして、苦しくなる。
Tha.負のスパイラル!

そうなると、なかなか抜け出せなくなりますよね~。

 

そんな時に何ができるのか?

 

私がやっていることをご紹介しますね。

モヤモヤの状態にもよりますが、まずは、大好きなコーヒー淹れて(挽き豆を、ペーパーフィルターを使って落とします)、コーヒーの香りに癒やされながら、ゆっくりとコーヒーを味わいます。

そして、何がそんなにモヤモヤしているのかを、振り返りますよ。

 

モヤモヤの底にある感情を、一つずつ紐解いていくのです。

例えば、職場で言われた言葉に対して、なんだかスッキリしない。モヤモヤしている・・・という場合。

  • あの時言われたことに対して、私は悲しかったんだな・・・
  • それと、悔しかったのもある
  • あぁ~、怒りもあったな~

 

こんな風に、一つずつ押し込めてしまった感情を言葉にして認識します。

これ、結構重要なんですよ。

 

言葉にしないまま、負の感情を心の底に貯めてしまうと、さらに、ドロドロとした負の感情に変化してしまう恐れがあります。

そうなると、すぐに気持ちを切り替えられなくなりますし、後になって爆発する可能性もあります。

また、押し込めすぎて、本当の気持ちが見えなくなってしまうこともあります。

 

モヤモヤっとした感情は、なるべくその日のうちに、「なんでモヤモヤしたのか?」を自分の心に聴いておくと良いです。

そして、言葉にして認識することで、自分を受け止められるようになります。

 

その時に大切なことは、ジャッジしないこと。

怒りや悲しみ、悔しさ。

負の感情を持ってしまったことに、罪悪感を持ち、その上自分を責めてしまうことってありませんか?

 

そんな風に、自分を責める必要なないんです。

だって、人間なんだもの!

誰だって、負の感情を持つことはあります。

だから、大丈夫。

 

それから、その押し込めた感情を受け止められたら、次はあやすこと。

自分の中で対話してみてくださいね。

きっと、いとぐちが見つかりますよ。

 

もし、それがうまくいかないようなら、紙に書き出してみてください。

書き出したら、クシャクシャっと丸めて(破ってもいいですよ)ゴミ箱へ捨てます。

 

こうやって、言葉にしてモヤモヤの正体がなんなのかを認識すること。

そして、受け止めることで、気持ちが癒やされていきますよ。

 

ぜひ、試してみてくださいね。

 

カラーセラピーで、心を整えるお手伝いをする人。あなたの笑顔が、私の喜びです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。